denka0707

オレスカバンドとの出会い、それは2009年夏、サマーソニックに遊びに入った時の事。
その日はエゴラッピンくらいしか見たいバンドがなく、開演まで暇だから会場を散歩していました。
お?砂浜ステージあるんだ。
イイネ!夏っぽいじゃん!遊びいくか!
えーと今やってるのは・・・オレスカバンド?あー女の子のスカバンドね。
イイネ!夏っぽいじゃん!見に行くか!!

その日の俺のmixi日記がコチラ↓
——————————————————–
・オレスカバンド
全員が20歳なりたて位のピッチピチのガールズスカバンド

↑こんな説明不要です
衝 撃 でした。
すさまじい演奏力。極限キャッチーな曲にエネルギー全開のステージング。
全員天才。特にギターボーカル。この若さで信じられない完成度。これからどうすんの?
俺の中でチャットモンチー、スパジャン、ゼルダに並びました。
頼む、売れてくれ。

「自分より若いバンドを好きになる事はないのだな」
という俺の腐った思い込みを完全に吹き飛ばしてくれました。
オレスカバンドに勝ちてえ。
——————————————————–

オレスカバンドの事を
ガールズスカバンド、位の認識しかない人は多いだろう!
残念!奇跡の天才集団ですから~!
心で音を感じろ斬りぃ~!



落ち着きますね。
落ち着きなよってよく言われるし。



わかった!落ち着いたら閃いた!
オレスカバンドをよく知らないみんなの為、彼女達の作品を紹介してみる事にするわ!
読め!
読んで、買って、そして見ろ!
読まなくていい!買って、そして見ろ!
買わなくてもいい!見ろ!そして買え!
とにかく見ろ!オレスカバンド見ろ!T・O・Pの来日公演と被ってない限りは見れるでしょ!



改めて聴き直すと大名曲と大名盤しかねえなーオレスカ半端ないね!



1st ミニアルバム「俺」
初めに断わっておくと、このデビュー作の時点で彼女たちはアイデアとそれを実現する演奏力、
底抜けに明るい無限のパワー全てを兼ね備えていて、
Reel big fishとか、fishboneとかと肩を並べても遜色ない完璧なバンドでありました。
マジで驚き超常現象といえます。
宇多田ヒカルとオレスカバンドくらいだよ。
なんで100万枚売れないのか謎。吹奏楽部の学生って50~60万人くらいいるんでしょ?
お前ら通学中一体なに聴いてんの?オレスカ聴かないでホーン練習してなんか意味あんの?


すいません熱くなりました。


パントマイム(←ゴリゴリに間違えました)パンタイム
まずは出囃子のインストナンバー。
歌詞カードに「ッパー パラパ パパー パーパー パラパ パァ~」
とご丁寧にフレーズが書いてあります。
隣のページの通学中の写真と相まって、1曲目から超たのしい気分になります。
俺たちがやったらイタいんだろうな。チキショー

・花のスカダンス
オレスカの代表曲といっていいでしょう。
「幸せなら手を叩け!もっともっと幸せになるんだ!」
と童謡をサンプリングして明るさを100倍にした歌詞。天才!
1:25~のハイハットの刻みとオープンが交互にくるパターンは、Furyのキメでパクらせてもらいました!
そしてこのアンセム2分弱でソッコー終わる!潔い!気持ちいい!春の嵐!

・ピノキオ
イントロから天高く上るホーンがマッタク気持ちいいぜ!!
曲調の明るさと裏腹に歌詞がダークなのがポイント。
「でも意地悪、どんなくだらない冗談も、嘘も全部聞くから隣において頂戴な」
とかさ!バツイチの未亡人かよ!憂いすぎる!
そして2A頭で歌詞に合わせてハイハットをスチャスチャ開くアレンジが最高。
こういった細かい工夫は、「WAO!」でも随所にでてきてオレスカの核になってます。
これってね、バンドの空気が良くないと絶対生まれてこないアレンジなんだよね。

・ナイフとフォーク
書いてて早くも思ったんだけど、オレスカ代表曲しかねーな!
↑この曲も名曲すぎて、これだけで1000文字位書けそーだけど自粛!
イントロのドラムフィル、3拍目のウッドブロックが天才!
いつまでもこんなアイデアが生まれて、そしてそれが許容されるバンドでいて欲しい!
そして特筆すべきは音楽史上に残るAメロですね。
歌に対してホーンが相の手を入れて、更にベースのトミが輪唱するという二重構造。
2Aではホーンのアレンジを変えて2度美味しい!どんだけ曲作り好きなんだよ!!


・MONKEY MAN
スペシャルズのカバーです。なんで君たちスペシャルズとか知ってんの?
ま、スカバンドなら必修科目なんだろけど、俺は24歳で桜玉吉の漫画で読むまで知りませんでした。
閑話休題、アルバムの楽曲の中では一番マイルドな仕上がり、本家よりテンポも少し遅め。
この「テンポを落とす」って選択ができるところ、懐の太さがハンパないね!
みんな思いだして欲しい。何かのカバーをやる、そんな時、テンポは上げたくなるだろ?
オレスカにはその必要はなかった。地力が違うね!(でもライブでやる時は速い)
icasの英語も良いし、隣のページのポケットに手を突っ込んでる写真がチャップリン見たいで超かっこいい!

・少年S
アルバムでの最速ナンバー。ちょっと演奏が上手すぎるよね!
Aメロの高速裏打ちカッティング、1-2番のブリッジ部分のランニングベース、
からのギターソロ、TAEさんの8ビートもラボリエル.Jrだよもはや。
人間は2~3年かそこらで、ここまで楽器が上達するものなのか?
早く言えよ!俺の高校時代を返せ!
2Aの歌詞も素晴らしく、天才ドラマー兼、平成の宮沢賢治状態のTAEさんだが、
隣のページの写真では一人だけ明後日の方向を向いてしまって、変な金正日みたいになってる。
そこも含め天才。

・ボーナストラック
このミニアルバムの曲はほとんど1stフルアルバム「WAO!」に収録されている為、
先にWAOを持っていた俺は、買うのちょっとためらってました。
が、俺この一曲だけでアルバム買って良かったと思った。
超名曲。ネタばれになるので詳細は割愛!ぜひ購入してください!



1st フルアルバム「WAO!」
このアルバムでROCK’In ONの表紙を飾っていない事が全く理解できない。
バンプの「Living Dead」以来の名盤なのになー編集長おねがいしますよ!!
歌詞、アレンジ、歌声全てが絡み合った究極バラードM-9「アスター」
からの、インスト一曲はさんでラスト三曲の怒涛のオレスカパンク。
こんなアルバムないですよ?

・ピノキオ
前作から2ランクアップして、栄えある1曲目に!

・クーラーソサイエティ
ガールズスカパンクの究極系ですね。これは!
シャープなイントロのホーンセクション(ここ難しいんじゃねえかなー)
「Happy!」と「Promise!」の全員でのシンガロング、サビの掛け合いのスピード感、
極限キャッチーかつキュートで全国の女子中高生がカバーしないのが不思議。カバーしろよ!
余談ですが、オレスカにはこの曲を含め、「ダメ男に惚れて苦労する女性」といったシチュエーションの歌詞が多いです。
苦労してんのかな。「Promise!」に力入ってるよね。はい、余談です。

・爪先
イントロのicasのタイトな裏打ちと「マニキュア塗った、五本指を着飾った」の歌い出し、
名曲確定ですね。
2Aではドラムがスリップビートなって、ホーンが遠くから聞こえてくるアレンジがいい!
オレスカは一番と二番で、絶妙にホーンセクションをアレンジしてくるんだよね。色分けしてくる。
だから一曲通して飽きないんだよな。パクろう。

・花のスカダンス
怒涛のスカ4連打を締めくくるのはやっぱりこの曲しかないっすね!!


・川のぼり
この曲もicasの弾き語りから始まるんですが、17,8才とは思えない表現力。
特に0:11での咳払い!!!16分ウラで咳払いして、表拍にキレイに着地!ドラマーかよ!
1A2Aの裏で鳴ってるギターのハーモニクスみたいな単音バッキングがすげーカッコいい。
icasはソロも弾けるけどバッキングの引き出しも凄いよね。ジョンフルシアンテかよ。
2A→サビの間にはちょっとしたブリッジパートがあるんだけど、ここの1番2番の色分けも素晴らしいです。
愛ですね。

・アーモンド
初のミディアムテンポの曲ではないでしょうか。オレスカのミディアムテンポ⇒例外なく名曲です。
イントロのこれはトロンボーンかな?伸びのある暖かい音からはじまり、重なってくるサックス、トランペットが涙腺を刺激します。
全編とおしてホーンのアレンジが光る曲、1:59~のウッドブロックとの掛け合いのところとか、愛があるね~。
そして感動の大サビ「あなたは弱いんじゃなくてね」からの魂の6連フィル。いや、俺が弱いんだよ。俺が弱いんだ・・・。
すでにスカの枠を超え始めている、その片鱗がうかがえる名曲です。

・忘れもの
311ばりのゴリゴリのリフから始まって、0:44からホーンがIN!
きたー!突き抜けたー!2曲ぶりの直球スカパンクだー!
特にAメロのギター、ベース、ドラムが鉄壁で最高に気持ちいい。
ゴスペルチョップスみたいな1:01~のドラムフィル、
Aメロの高音のベースライン、音痩せしてねーんだよカッコイイー
ギターの1拍目のスライドのリズムとか完璧だよね。どいつもこいつも上手いな!
サビかしも歌詞もイイです。みんな買ってね。

・U
ありそうでなかったドストレートなR&Rチューン
サビのホーンのロングトーンと、ギターのコード進行の絡みがとても面白くて壮大。
(な気がする。俺は打楽器奏者だから詳しい事はわからないんだ・・・)
そしてこの曲はバッキバキなギターソロが聴ける唯一の曲であります。
ミクスチャー時代のスタイルを感じます、ジョンフル?ナヴァロ?俺の趣味が古いだけか?
いずれにせよカッコイイ!!

・アスター
この曲がアルバムのハイライトであろう。高校時代、放課後に窓から夕焼けを見ていた事を思い出す。
そんなシチュエーション、実際なかった気もするけどな・・・
この曲は歌に尽きる。最高のボーカルだよ。
そして抜群のバッキングがもちろんあればこそ。
2:55~の、これはトランペットのソロかな?切なくていい音でてんなあ・・。
ロングトーンいい音でてるよな。

・Shall we Dance?
Shall we Dance? Year! YES!I Shall Dance!!!!
1:18 karano、Guitor Solo ga surfcorsters mitaide icasu!!!
LIVE deha SOLO mawashi wo Long yatte hoshii ne!!!

・さよならデジャブ
LIVEで曲を一瞬で覚えたシリーズですね。
サビが超たのしい!歌詞、掛け合い、ベースライン全部気持ちいい!
ユニコーンの「大迷惑」あるでしょ?あれ位楽しいんだよまじで。
歌詞はやっぱり上手くいかない恋の歌。タエさん苦労してんなあ。
最後はホーンと合唱のユニゾンで〆!

・ナイフとフォーク
前述のとおり。大名曲だね。

・チャック
ラストの曲に最速の英詩曲を持ってくるあたり、何か強い意志を感じます。
Aメロの高速裏打ち&ランニングベース、コーラスワーク、サビの掛け合い、
超超超超超かっこいい!!!ライブで見たとき背筋が凍ったわ。
こういうソリッドな曲を英詩にしたってのは、この時からアメリカのツアーを見据えてたのかな・・・。
やーかっけー。おまけに何度も聴けるんだキャッチーだよほんと。


この後、彼女たちはWARPED TOURを経て「What a Wonderful World! VOL.1&2」をリリース。
言葉遊びとPOPセンスが炸裂してる「カメレヨン」
もうスカパンクの括りは意味がない!超難曲を軽々と演奏してみせる「Going Away」
キースリチャーズとチャーリーワッツも感動するに違いない!「MUSIC DRIVER」
内省的な歌詞と力強いコードバッキングの対比がメチャ美しい「Super☆Duper」
POLICEに曲あげちゃえば?底知れない懐の深さ「Believe」
ガールズロックの到達点!「What a Wonderful World!」
と、どこを切ってもハイライト!
VOL.2はジャケ写のリーダーがめちゃくちゃカッコいいのでこれだけで買い!

2010年にはJ-ROCKの枠を超え、J-POP史上に残るであろう2ndフルアルバム、大名盤「Color」をリリース。
「Color」はマジで3万字位書きたい。

そして8/18、最新アルバム「HOT NUMBER」を携え、
新代田FEVERに登場!

これらの作品もいずれ言及していきたい!!
てか、したんだけど!IPHONEのメモ帳間違って消しちゃったんだよね!!
まあいいよ!あんま長すぎるのもね!どうせライブ見たらみんなアルバム買うよ!

「オレスカバンド?いいバンドだよね。
パフォーマンス、演奏力、楽曲、隙がない。
でもオイラ負けないよ?」

ATATA打楽器担当 デンカ






  • 2013.8.18(ssun)
  • Shindaita FEVER
  • FEVER presents
  • [FEVER SUMMER SUMMER 2013]
  • open 17:30 / start 18:00
  • adv 2,500yen / day 3,000yen
  • w/ORESKABAND / and more!!!
  • Ticket Information
  • チケット発売 ※7/12(fri) ON SALE!!!

    ・ローソン(L:70815)

    ・e+

    ・FEVER店頭 (7/18~)

    ・メール予約:FEVER MAIL(7/7 START!!!)

  • FEVER WEB